松島瑞巌寺数珠|仙台松島の瑞巌寺、数珠情報。松島観光名所

松島にある国宝「瑞巌寺」

松島瑞巌寺数珠|仙台松島の瑞巌寺、数珠情報。松島観光名所天長5年(828)、慈覚大師円仁によって開創された奥州随一の禅寺で、伊達政宗公の菩提寺です。正式名称を「松島青龍山瑞巌円福禅寺」といい、現在は臨済宗妙心寺派に属しています。本堂、御成玄関、庫裡、回廊は国宝に、御成門、中門、太鼓塀は国の重要文化財に指定されています。

瑞巌寺「本堂」
入母屋造り、本瓦葺きの本堂は、慶長14年(1609)の完成。禅宗方丈様式に武家邸宅の書院を加えた10室の間取りで構成され、京都・根来の大工衆が技を競った見事な建築美を今に伝えています。東南西三方に上縁・下縁を巡らした回廊を歩きながら、日本の自然美を豪華絢爛に描いた唐戸や欄間、襖、床の間などを見学することができます。細部にまで当時の粋と職人の確かな技量がうかがえます。

瑞巌寺「御成玄関」
本堂の南西端に付属する御成玄関は、別名「乙字形玄関」。唐様(中国風)建築で、欄間に彫刻された「葡萄に木鼠」などが見どころです。

瑞巌寺「庫裏」
禅宗寺院の台所。大屋根の上に煙出しが見られます。他にない巨大さと、白壁と木組のコントラスト、妻飾りの彫刻などが見どころ。本来実用本位の建物に、唐草や花肘木の彫刻を施した政宗公の美意識に、つい思いを馳せたくなる美しい建物です。

瑞巌寺「宝物館」
平成7年に開館した宝物館は、現代的な展示室です。宮城県の文化財に指定されている「伊達政宗公甲冑像」など貴重な収蔵品の数々が展示されています。敷地内の発掘調査によって出土した瓦や青磁、笹塔婆、井戸、板碑などを展示する出土品コーナーもあり、現在の境内に13世紀末から17世紀初頭まで存在したという中世円福寺の当時の繁栄をうかがうことができます。

※本堂・中門・御成門は大修理により平成28年3月頃まで非公開となりますが、修理期間中は国宝庫裏及び陽徳院お霊屋が特別公開されます。

ライターのひとこと
総門をくぐると、背の高い杉並木が両脇に続く参道が真っ直ぐに伸び、幽玄で厳粛な雰囲気に魅了されます。もう一本の参道にある修行僧たちが生活した洞窟群も興味深く、瑞巌寺では上に挙げた見どころのほかにも見るべきものが多く、案内ガイドさんをお願いして見学するのもおすすめです。山内にある「円通院」では数珠作りの体験もできるから、それらの時間も考えて余裕のあるスケジュールを組みたいですね。瑞巌寺、円通院見学は、松島観光の目玉ともいえるところなので、たっぷりと時間を取って訪ねてください。

【アクセス】 JR松島海岸駅より徒歩5分。「ホテル海風土」から徒歩15分。
【瑞巌寺URL】 http://www.zuiganji.or.jp/