みちのく温泉|みちのく温泉に新しい温泉誕生、旅館海風土

みちのく温泉に新しい温泉が誕生

みちのく温泉|みちのく温泉に新しい温泉誕生、旅館海風土みちのくに温泉は数多く、南東北だけでも蔵王温泉、鳴子温泉、東山温泉、岳温泉、飯坂温泉…、数え切れないほどの温泉地があります。
みちのくの温泉はいずれもお湯の質がよく、みちのくへの温泉旅行はどこへ行こうか本当に迷ってしまうことが多いのですが、選択肢の一つとして、いちばん新しい温泉に行ってみる!というのはいかがでしょうか。

2008年7月、日本三景松島に温泉が誕生しました。
源泉名は「松島温泉1号泉」。源泉温度50.6度の湯はアルカリ性単純温泉で、神経痛、関節痛、運動麻痺、慢性消化器病などに効能があります。

松島温泉を楽しむなら、やはり元湯の宿で。源泉を所有しているのは「ホテル海風土」です。館内には大浴場、露天風呂のほか、客室付きの露天風呂・展望風呂もあり、存分に温泉三昧が楽しめます。
ホテル前に広がる松島湾の雄大な景色、その海に育まれた魚介類をはじめとする旬の食材が盛り込まれたディナー、細やかで行き届いたサービス…、大満足のみちのく温泉旅行となることでしょう。

みちのくに新しく誕生した松島温泉元湯の宿「ホテル海風土」へ、ぜひ足を運んでみてください。