仙台観光名所|仙台観光名所なら日本三景、松島海岸!

仙台観光名所

仙台観光名所なら|仙台観光名所なら日本三景、松島海岸!仙台の観光名所といえば、まずは「仙台城跡」です。1601年、伊達政宗公が築城に着手し、翌年にはいちおうの完成をみたとされる仙台城は、開府以来270年にわたって伊達家が居城していましたが、明治維新の際に本丸が取り壊され、現在は石垣と再建された隅櫓のみが残っています。仙台のシンボルといえる政宗公の騎馬像が建つ高台からは、仙台市街を一望することができます。

初代政宗公が仙台城を築いた当初は山城である本丸を中心とする城郭でしたが、2代藩主忠宗によって二の丸、三の丸が造営され、以降は二の丸が藩政の中心となりました。現在、二の丸のあった場所は東北大学のキャンパスとなっており、三の丸があった場所には「仙台市博物館」が建っています。博物館では、伊達家から寄贈された文化財を中心とする貴重な展示品の数々を見ることができます。

政宗公ゆかりの観光名所をめぐる旅なら、仙台から少し足をのばして松島もぜひ訪ねてみてください。松島には、伊達家の菩提寺である「瑞巌寺」、瑞巌寺に先だって政宗公が建設した「五大堂」、伊達家が納涼や月見に使ったという「観瀾亭」など伊達家ゆかりの建造物が点在するほか、伊達政宗の一生を知ることができる「伊達政宗歴史館」もあります。それぞれの観光名所をめぐる道々、日本三景と謳われる松島の美しい景観も目を楽しませてくれます。

仙台の観光名所をめぐった後、松島に移動して宿泊、翌日は松島観光を楽しむ…。あるいは、まず松島に入って歴史館で政宗公の一生を学んだ後、周辺の観光名所をめぐり宿泊、そして翌日は仙台へ移動…。そんなスケジュールはいかがでしょう。

松島での宿泊には、“和”と“バリ”が融合したアジアンテイストが独特のくつろぎを与えてくれる「ホテル海風土」がおすすめです。