松島ガラス美術館|仙台松島のガラス美術館情報。宮城県観光地

松島でガラス芸術を堪能「藤田喬平ガラス美術館」

松島ガラス美術館|仙台松島のガラス美術館情報。宮城県観光地藤田喬平ガラス美術館は、ガラス作家・藤田喬平氏の作品を展示する美術館です。藤田氏は1921年に東京に生まれ、戦後間もなくガラス作家として独立し、1970年代に江戸時代の琳派の装飾様式をガラスに甦らせた画期的な作品「飾筥」で海外で高い評価を受けました。ガラス美術館内では、代表作の「飾筥」をはじめオブジェの大作や花器、スタンドやランプ・シェードなど、常に日本の現代ガラス界をリードし、ガラス芸術で初めて文化勲章を受章した藤田氏の作品世界を余すところなく堪能することができます。

松島でもっとも景色のよい美術館ともいわれ、展示室を出たところにある展望露台からは松島の島々や水上庭園を眺められます。

ライターのひとこと
ガラスとは思えないような色鮮やかな作品が多く、初めは驚きましたが、徐々にその美しさに引き込まれていくようでした。壁には藤田氏が生涯をかけてガラス芸術を探求していった模様も詳しく解説されており、作品と合わせて読み進むと、より深く作品世界を感じ取ることができます。ガラス芸術の美を堪能した後、お茶をいただきながら庭園越しに松島湾を眺めるのも、作品の余韻を楽しむよいひとときでした。

【アクセス】 JR松島駅から徒歩約15分。「ホテル海風土」から徒歩15分。
【URL】 http://www.ichinobo.com/museum/